明光ホームテック株式会社

本社:〒 504-0011  岐阜県各務原市那加北洞町 2丁目326
TEL: 058-382-6155 FAX: 058-371-0678

設立    : 1963年

代表者: 岩本 仁植

資本金: 2600万円

従業員: 30名(海外連結:36名)

売上高: 22 億円 *2016年5月期 (海外連結:30 億円)

主要グループ会社:上海、香港

事業内容

インテリア製品の企画・設計・製造・販売・マーケティング


岐阜本社 Google Map

 

取扱製品

座いす、カウチソファ・木枠ソファ、チェア、クッション、フィットネス用品

当社製品の特徴

スチール、ウッド、ウレタンフォーム、ファブリック、ギア(リクライニング機能)の加工を駆使して造るモノ


スチール ▶︎ 人間に骨があるように、当社製品の骨組みとなるのがスチール(パイプ)です。カットする・曲げる・溶接するなどの加工がしやすく、耐久性も高い。また、多様な色に塗装することも可能。

Photo by Axe_Olga/iStock / Getty Images

ウッド(木)▶︎ 当社製品では、椅子の肘や脚に使用されることが多い。スチールと違い、ナチュラル感を演出しやすい。ヒビや割れなど、取扱いの面でデリケートな側面もあるが、ウッド(木)は性別・年齢・国籍を問わず愛されている素材である。

Photo by fotofermer/iStock / Getty Images

ウレタンフォーム ▶︎ クッション材の役割を果たす。ウレタンフォーム自体の種類・グレード・形状によって、製品の使用感がほぼ決まる。バージンウレタン・再生ウレタン・チップウレタンなど、ウレタン一つとっても種類は様々。骨組みであるスチールに対して、工業用の糊を使ってウレタンを肉付けしていき、半製品に仕上げていく。

Photo by Ugurhan Betin/iStock / Getty Images

ファブリック ▶︎ 製品の「顔」や「皮膚」となり、製品全体の雰囲気やオーラを決定づける要素。当社が使うファブリックはポリエステル製が多い。ファブリック(原反)を裁断し、ミシンで縫い上げて、縫製品を作り上げる。ファブリックの代わりに、レザー(合成皮革)を使用することもある。

Photo by Adam88xx/iStock / Getty Images

ギア ▶︎ スチール製のリクライニング機能を持つ部品。座いすの角度を調整した時「カチカチ」と鳴るアレ。ギアは当社製ではなく、大阪にある超優良老舗メーカーから仕入れて、当社製品に組み込んでいる。

Photo by Adam Crowley/Photodisc / Getty Images